講師紹介

アトリエ北国の個性豊かな先生をご紹介します。

手織講師

北國 和子 kitaguni kazuko


10代から陶器と織物が大好き。

陶芸家になる夢がありましたが体が小さくて力が無いのであきらめ、織物の世界に入りました。

織物の勉強が出来る高校に入学し、高校時代から繊維や織物の勉強をしました。

卒業後の就職先ももちろん繊維関係。

その後、33年前にアトリエ北国を立ち上げて現在に至りますので本当に織物一筋。

繊維や織物の知識と技術は誰にも負けません。

でも陶器は今でも大好きで趣味で収集を続けています!
今は洗練された織物が氾濫してお洋服にしても、生活用品にしても皆さん、あまり生地に気を留めるということをされないのではないでしょうか?

そんな中でも人の心を引きつける輝く作品、見ているだけでも楽しくなるような独自の手織物を追求していきたいと思っています。

皆さんのアイデアや意欲も楽しみにしています。

素人だし、無理だ無謀だと思うのではなくて一度私にご相談下さい。

今まで培ってきた技術と経験でお手伝いしますよ!

草木染・洋裁講師

北國 史郎 kitaguni shirou


10代から洋裁技術を叩き込まれました。

最初はイヤイヤでしたが、今では縫製とパターンは大得意になりました。

でもデザイン画の能力が全然ダメなのが悩みの種です・・・。

洋裁で生きて行こうと思っていましたが、既製服の時代になり挫折。

臈纈(ろうけつ)染、ネクタイ染色、染織、藍染め、絞りと染色の方にも知識を広げ必死で勉強をしてきましたが、それで生活することはなかなか難しくサラリーマンになりました。

それでも時間を見つけては縫製、染色共に勉強と研究を続け今に至っています。

草木染めは同じ材料を使っても毎回同じようには染まらないものです。

狙った色や柄に染められるのは長年にわたる研究と経験と知識があるから。

日本の伝統的な染色技術を合理的に活用して現代に通用する個性的でモダンな作品作りを目指しています。

アトリエ北国の生徒の皆さんにも既成のものにとらわれない柔軟な考えで作品を作って行って欲しいと思っています。

アトリエにはこうして織物、洋裁、染めのプロがいますし、作業スペースや道具も揃っています。アイデアがあれば講師にどんどん相談して形にしていってもらいたいです。

いずれは生徒さん同士で得意分野を活かしたコラボ作品なんかも出来れば・・・と夢を持っています。